チバデジコラム

千葉の農作物に温暖化影響 コメや野菜など9品目品質低下、病害虫も 全国調査

今日のシンブンから

https://www.chibanippo.co.jp/news/economics/963964

『地球温暖化などの気候変動により、品質低下や収穫量減といった影響が出ていると都道府県が捉えている農作物が合計で70品目以上に上ることが16日、共同通信の全国調査で分かった。北海道から沖縄までコメや豆類、野菜、果物、草花など幅広い種類で影響が発生。多くの産地が、高温に適応した品質への改良などの取り組みを重ねていることも判明した。千葉県はコメやネギなど9品目に影響が出ていると回答した。』を読んで。

おはようございます。

体感的に子供の頃と比べ何となく暑い日、というか酷暑の日が多くなったのかな、と。体感的に。
子供の頃よくもまぁエアコンのない学校で授業が受けられたものだと。今のだるだるのなまった体ではじっと席についてるだけでも無理でしょうね・・。

気象庁のホームページを見ると地球全体の平均気温のデータの記載が、
「世界の年平均気温は、様々な変動を繰り返しながら上昇しており、長期的には100年あたり0.73℃の割合で上昇しています。」と、実は1℃も上がってないのです。

ほんとに?

日本はというと「日本の平均気温は、1898年(明治31年)以降では100年あたりおよそ1.2℃の割合で上昇しています。」と、世界に比べて少しだけ暑いようです。

それでも1℃程度。

体感的にはもっと暑くなっている気もしますけどね・・。
難しいことはわかりませんが、日本の平均気温の上昇が高いのは地球おける位置関係の影響からのようです。
ただ、熱帯夜や猛暑日は増えてるとのこと。
ただ、1℃平均気温が上がった影響で、1日に降る雨の量が100ミリ以上というような大雨の日数は増えている傾向にあるようで、最近も北陸地方での起きた豪雨と川の氾濫もそういったことが影響してるんだと思われます。

ではさらに気温が2度上がるとどうなるか、は『欧米で熱波、被害拡大 英史上初40度超 火災発生も』の中で触れていますのでよかったらご覧ください。

地球温暖化対策は国単位でも行われています。
が、電力不足、ウイルス感染、それと今の景気状況など、今いまの目に見える諸問題が起きると、後手に回される地球温暖化対策。
今回の調査で「農作物」に影響が出ていることを考えると、今いまの諸問題はそれはそれとして、粛々と地球温暖化対策は進めていかないといけないのかなと強く感じます。

さて、今日もがんばろ!