チバデジコラム

スイス氷河 85年で半減 2万枚超の写真分析 温暖化影響、ペース加速

今日のシンブン

(オンライン非掲載)

『アルプスを抱える欧州の山国、スイスにある氷河の体積が2016年までの85年間で半減したとの研究結果を、スイス連邦工科大チューリヒ校とスイス当局が3日までに発表した。2万枚を超える写真の分析から推計した。16年時点と比較すると現在までにはさらに12%減少し、地球温暖化の影響でペースが加速。氷河融解が深刻化している。』を読んで。

Guten Morgen !
(グーテン・モルゲン)(ドイツ語:スイス公用語:おはようございます)

Yahoo!ニュースに比較写真が掲載されてます。

氷河があった頃の写真が撮られた1931年はこんなことがあったようです。

世界恐慌が起こり世界中が混乱、日本では満州事変が起きた年でもあります。

こんな時にも氷河を撮影していた人がいたわけですよね。関心します。
そのおかげで今回の研究ができたわけで、その頃は温暖化なんて言葉もなかったでしょうし、結果として、温暖化が大きく進んでいることがひとつ証明されることになりました。

とはいうものの、今も85年前と同じく世界では紛争だらけ。
ロシアのウクライナ侵攻だけでなく、マスコミにあまり出てこない地域、アフガニスタン、シリア、クルド地方、リビア、イエメン・・で今現在も紛争、内戦が起きています。

戦争の原因は、互いの考えの違いから起きるわけで、ご近所トラブルと変わらない。
となると、まぁ無くなることはないと思います。

とはいえ、地球は温暖化に進んでいてさまざまな影響が起きています。
生態系、食糧計画、各地で起きている災害・・。

関連ノート
欧米で熱波、被害拡大 英史上初40度超 火災発生も

85年前頃に起きた世界恐慌が第二次世界大戦の引き金になりました。
将来、地球温暖化の影響による歪みから紛争に発展しないとは言いきれないわけで、真剣に考えていかないと、と思います。

地球温暖化が紛争の種にならないよう、「カーボンニュートラル」「SDGs」など、地球を守ることを他人事とすることなく取り組んでいきたいですね。

と、少し重たい課題になりましたが、後世のためにも意識をもって過ごしていかないと・・。
さて、今日もがんばろ!