チバデジコラム

市原南部の企業連携強化 高滝湖に活動拠点オープン 地域活性へ誘致推進も 観光協会

今日のシンブン

https://www.chibanippo.co.jp/news/local/929309

『市原DMO(市原市観光協会)は、市南部地域の企業連携を促進する活動拠点「高滝湖コーポレートオフィス」を、同湖周辺にオープンした。企業誘致や移住推進、テレワークなどのレンタルオフィス、地域住民交流の場としても活用。企業・行政・地域のネットワークを強化し、南部の魅力向上と活性化につなげる。』を読んで。

DMOとは、デスティネーション・マネージメント・オーガニゼーションの略で、観光庁が規定した観光地域作りを行う法人です。全国各地にあります。市原DMOは候補法人のようですね。審査中なのかな?

で、そのDMOが市原市南部に企業連携を軸にした拠点をつくったと。いいですね。
昨年の6月に20事業者と市とで立ち上げた「高滝湖企業連携プロジェクト」も利用するようで、活性化が期待されます。

プロジェクトの皆さんがんばってください。

記事を読むとオフィスは『企業誘致』『交流人口拡大』『展示会』『直売所』『イベント』『インバウンドの受け入れ』などにも利用する予定らしく・・。ちょっと欲張りですね。

あれにも使える、これにも使えるは、使う人にとってあまり魅力的に見えないかもしれません。
「高滝湖コーポレートオフィスは企業連携の拠点です。」
と一言で言い切れば目的は明確になりますね。
近隣の事業者だけでなく市原の事業者も気になる存在になるのかもしれません。

伝えるって難しい。
さて、今日もがんばろ!