チバデジコラム

プラス2度の世界

今日のシンブン

https://www.chibanippo.co.jp/boujin/913610

『プラス2度の世界。20年ほど前、神奈川県内の博物館でこんなタイトルの企画展を見た。地球温暖化防止に向けたパリ協定は今世紀末までの気温上昇を2度未満に抑える目標を掲げるが、展示が取り上げたのは未来ではなく、約6千年前の縄文時代。』今日の忙人寸語を読んで。

おはようございます。

千葉県は日本一の低標高の平坦県。知ってました?とくに県北は、日本最大の平野である関東平野の一部。利根川の土手から千葉県方面を眺めるとその平坦さがわかります。

縄文時代の地球は温暖期で、海水温は今より2度高く海面は4メートル上昇していたらしいので、県内に貝塚がたくさんあるのもうなずけます。ちなみに日本にある貝塚の1/4が千葉県にあるらしいです。

今は脱炭素社会、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの排出量「実質ゼロ」を目指す社会です。2020年当時の菅総理が、2050年までに温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする宣言をしています。
SDGsでも「気候変動に具体的な対策を」が目標のひとつに掲げられていますね。

ちょっと大袈裟かもしれませんが、低標高というハンデを持った千葉県に住む私たち。海抜4メートル以下の場所が海になってしまう。あー。
将来、海面上昇により郷土が水没するかもしれない現実から目をそらさずにいきたいと改めて感じました。
温暖化防止対策に取り組む県内企業を応援しつつ、私自身できることを少しずつ積み重ねていきたいと思います。

さて、今日もがんばろ!