チバデジコラム

サンブスギの精油抽出 親子連れ熱心に見学 東金・道の駅でイベント

今日のシンブン

https://www.chibanippo.co.jp/news/local/932821

『東金市の道の駅「みのりの郷東金」で3日、化学薬品製造会社「ケミコート」(浦安市)が「サンブスギ」の精油の抽出実験を紹介するイベントを行った。地元の杉を使った製品を身近に感じてもらおうと開催され、親子連れが熱心に見学していた。』を読んで。

おはようございます。
今年の大型連休はどこも賑わってますね。

半年前まで人を呼ぶイベントを開催するなんて考えられなかったので、こういうイベントはまん延防止等重点措置が解除されてから決められたんでしょうね。
時間のない中、関係者の皆さんお疲れ様でした。

話は変わりますが、山武杉は「サンブスギ」と読むんですね。恥ずかしながら今日まで「サンムスギ」だとばかり。
ま、それはどうでもいいんですが。

林業の担い手不足と記事に書かれていました。
サンブスギの需要が増えれば、とも。

日本は輸入木材比率が高い期間が長く、林業が衰退してきています。
国産木材は採算がとれなくなってしまったということなんでしょう。

2009年、国産木材の自給率50%以上を目指す国の「森林・林業再生プラン」も想定通りにいかず、目標達成までの期間を延長しました。
林業自体活性してないので大きく動かすのは難しいんでしょうね。

別の記事に『気負わず森と生きていく 林業女子会 若者の参入が復活への鍵』と。
この林業女子会は林業の魅力発信と仲間づくりを目指す女性の任意団体。京都にあるようです。ホームページを見ると全国に26団体もあるようです。仲間づくり、広がってますね。
ちなみに千葉の女子会はないようです。

イベントでやっていたサンブスギ精油の抽出。素人ではなかなかできませんからね、こういった体験イベントきっかけで林業の活性と結びつけていく活動を続けていけば、林業女子のようにもしかしたら何かが変わるかもしれません。

森づくりを通じ二酸化炭素の吸収にもおおいに貢献してるわけで、企業とのコラボもできそうですし。

未来は明るい、がんばれサンブスギ!

さて、今日もがんばろ!