木更津市様が2022年度展開するシティプロモーション事業について、千葉日報デジタルが「シティプロモーションサポート事業業務委託」の公募型プロポーザルで受託事業者に決定しました。

木更津市シティプロモーションサポート事業業務委託に係る事業者募集(公募型プロポーザル)選定結果



木更津市様は今年度、市制施行80周年を迎えるのを機に、デジタルを活用した新たな情報発信を含めたシティプロモーションの強化を進める計画です。

千葉日報デジタルは、新聞社グループの持つ情報発信ノウハウやネットワークなどを活用しつつ、伴走型で木更津市様のシティプロモーション事業のサポートを展開して参ります。 市原商工会議所様主催、千葉日報デジタル企画・運営の「市原未来創業プロジェクト」が7月、始動しました。創業間もない事業者、または新規事業や事業転換を予定している事業者を対象に、ビジネス成長を後押しする企画です。



今後、10月開催予定の「ビジネスオーディション」に向けて、ワークショップや個別相談を実施していきます。これらを通してデジタルを活用した情報発信やプレゼンテーション技術を少人数制で学び、本質的な販路拡大や売上アップにつなげていきます。

「市原未来創業プロジェクト」の詳細は、以下のプレスリリース、千葉日報記事でご確認いただけます。
◆プレスリリース
◆千葉日報記事 千葉日報デジタルが情報発信サポートを展開させていただいている臼井地区商店会連合会様(千葉県佐倉市)の事例が、日経新聞に掲載されました。

◆進む商店街のデジタル化 首都圏、新たな客層獲得へ

千葉日報デジタルは2022年度も引き続き、同連合会に加盟する臼井ショッピングセンター協同組合様の情報発信サポートを展開していきます。

これまでの展開事例は以下からご確認いただけます。

◆地域の抽選キャンペーン告知に、「ネット広告」を活用。スマホを使う新たな客層の掘り起こしを実現

◆中小企業が陥りがちな「デジタル化の罠」とは? 地域商店会の事例から考える、デジタル活用に必要な姿勢 市原商工会議所様主催で3月26日に市原市内で開かれた「いちはら未来創業フェスタ2022」に、千葉日報デジタルが運営サポート、インタビュアーなどの役割で運営参加させていただきました。



このイベントは、「SDGs」の考え方を地域の持続可能な発展につなげ、地域経済の将来を担う創業者にもそうした視点で創業に取り組んでもらえれば、との趣旨で企画されました。

当日はSDGsの専門家による講演、市原商工会議所・榊原会頭と千葉日報デジタルとの対談などが行われ、会場参加だけでなくYouTube配信でも多くの創業者・創業予定者が学びを深くしていました。

市原商工会議所様と千葉日報デジタルは2022年度、創業者支援、事業者支援でタッグを組み、デジタルマーケティングを学ぶ講座やプレゼン力を高めるワークショップを共同で開催していく予定です。

イベント当日の様子は、以下の「千葉日報オンライン」記事からご確認いただけます。

記事はこちら。 2021年9月から広報サポートの連携を結んでいるJAグループ千葉様の広報担当者研修に、千葉日報デジタルが講師として参加させていただきました。

2月下旬に行われた研修では、デジタルを活用した広報手法のご紹介だけでなく、「本質的な広報活動」の実現に向けた取り組むべきポイントなど、デジタル時代に適した広報のあり方をご説明しました。

10月に「情報発信等に関する連携協定」を結んだ木更津市様の職員向け広報研修に、千葉日報デジタルが講師として参加させていただきました。



メディア取材の素材となるプレスリリースの基本的な作り方に加え、ニュースとして取り上げられやすくなる魅力的なアピール方法など、デジタル時代に適した広報のあり方をご説明しました。

両者は今後、協定を踏まえ、新たなシティプロモーション方針の策定を目指し、ワークショップなども展開中。市内外への効果的な情報発信を協働で模索していきます。

記事はこちら。 千葉県旅館ホテル組合様が9日からスタートした連続講座で、千葉日報デジタルが講師を担当させていただきました。
初回のテーマは「『知る』と見えてくる!SNS講座」。参加組合員の皆さま向けに、SNS活用を進める上で必要なマーケティング視点などをお話ししました。



旅館ホテル組合様と千葉日報デジタルは包括提携協定を結んでおり、今年度、定期的に情報発信をサポートする講座を協働で開講していく予定です。

講座の詳しい記事はこちら。 千葉県商工会連合会様の「令和3年度商工会役員研修会」がオンラインで開かれ、千葉日報デジタルが講師として参加させていただきました。



千葉県商工会連合会様と千葉日報デジタルは包括提携協定を結んでおり、県内各商工会の皆さまの情報発信をサポートする体制を整えております。

研修では、「コロナ禍/デジタル化で多様化する情報発信」をテーマに、「情報発信」「デジタル化」「広報・PR」などの最新潮流を解説させていただきました。

当日の様子は、以下の「千葉日報オンライン」の記事でご確認いただけます。

記事はこちら。