https://www.chibanippo.co.jp/news/e

『明治25年(1892年)創業のコメ販売業者。JR大網駅近くに社屋と精米工場を構え、大網白里市萱野(かやの)地区の棚田で育てられたコシヒカリ「かやの米」を独自に販売する。他にも夷隅地区産コシヒカリや千葉県独自品種「ふさこがね」「ふさおとめ」「粒すけ」も販売し、売り上げの大部分は県産。多様な品種を主に県内のスーパーや飲食店、医療福祉施設に販売する。4代目の加藤史郎社長(58)は「消費者にコメの魅力を知ってもらい、コメの価値を上げたい」と話す。』を読んで。

最近はさまざまな流通経路を経由してお米を買うことができます。
記事にある綿文商店のようなお米屋さんからも買えますし、スーパーマーケットやネット通販でも買えます。
そのお米の価格は市場原理が働き、需給バランスやブランド米によって変わります。
生産者が高く売りたいと思っていても安く売っている同じお米があれば、やむを得ず価格を合わせることになります。

この原理からするとお米の需要が高ければ全体的に値段は上がりますが、米離れと言われている現在の米価はとても低くなっているようです。
記事には『2020年度の国民1人当たりのコメ年間消費量は50.7キロで、ピークだった1962年度の4割ほど。』と。
ちなみに1962年の米の消費量は118.3kg、その時の日本の人口は9,500万人。
そこから60年、数字を見る限り明らかに現代人はご飯を食べなくなりました。

とはいえ、お米は主食。普段から食べてるような意識があります。なのにここまで消費量が減ってるのか・・。

もしかして輸入米にシェアを食われている・・?

それは大丈夫。
輸入米の非課税枠は10万6千トン、それを超えるとものすごく高い関税がかかります。
その非課税枠の市場シェアは1%程度なのでさほど大きな影響はないと思います。
食の安全保障の観点からもこの辺は死守されるような気もしますしね。

いずれにせよ日本のお米、米農家の未来は日本人が国産米をいかにたくさん食べてくれるかにかかっているのかもしれません。

がんばれ米農家の皆さん。 綿文商店のかやの米にも興味あります。
よし国産米食べるぞ!

でも体重も気になる。んー。
さて、今日もがんばろ!

https://www.chibanippo.co.jp/news/economics/937377

『歌手のきゃりーぱみゅぱみゅさんが18日、銚子市を訪れ、銚子電鉄(銚電)とのコラボで車内がカラフルに装飾された「きゃりー電車」に初めて乗車した。「地方から日本を元気に」をテーマにしたきゃりーさんのプロジェクトの一環で、コラボグッズの売り上げを活用し駅舎もリニューアルされた。きゃりーさんは「レトロな風景を味わい、小旅行に来た気持ちで楽しめた。銚子電鉄のように愛されるよう、今後の活動も頑張ります」と笑顔で話した。』を読んで。

おはようございます。

それにしても銚電は情報発信が上手ですね。
儲かっていない、経営危機だ、ぬれ煎餅の売上が頼りなどとと言い続けて、さまざまな話題や企画でマスコミに多数露出を続けています。

ウィキペディアを見ると創業は大正11年。その後の経緯を読むとかなり波乱万丈な年月を経てきたようです。
今はどうなんでしょう。記事に載っているきゃりーぱみゅぱみゅさんが写った写真を見る限り経営危機だ!とはまったく見えませんね。

情報の発信の仕方で企業の見え方が違ってきます。

銚電方式のように話題性や自虐をネタに打ち出していくのもひとつですね。

いやいや有名な会社だからできる発信方法だろうという方もいると思いますが、最初は地元の人以外にはあまり知られてない存在だったと思います。それが今では全国区。県下では情報発信力の高い企業のひとつに数えられるまでになったと思います。

情報を発信し続けるというのも重要です。

銚電もぜんぜん拾われなかった企画もあったと思います。が、諦めなかった。
これはとても大切なこと。机上の感覚ではなく痛みをともなった当たり感は、企画力が身につきます。継続は力なりということですかね。

企画力は物事の成否を左右します。ただ、企画力はアイデアや思いつきと混同する方が意外といます。
企画力は経験値が大きく左右します。もちろん経験値だけではダメ、数字や理論だけ追いかけてもダメ。センスも必要です。 先入観や感覚を入れると失敗率が高まります。

個人的には経験値や経験者の話を聞いたりすることはとても重要なのかなと。

銚電の担当者は長くめげずにがんばっているのだと思われ、おそらく自然と企画力が身についてるはず。これからの話題づくり、期待してます!

さて、今日もがんばろ!

(オンライン非掲載)

『経済産業省は17日、電力需給が逼迫して大規模停電に陥る恐れがある場合、家庭や企業に早めに節電を呼びかける「注意報」を新設する方針を固めた。現在の「警報」に追加し、電力需要に対する供給余力を示す「供給予備率」の切迫度合いに応じて使い分ける。東京電力管内で来年1、2月に暖房の利用が増えて電力が足りなくなるとの予想も公表した。今年の夏と来年の冬は、他の電力会社管内でも大規模停電の可能性があるため、情報発信を強化して備える。』を読んで。

今日の電力使用の見通しは85%です。今日はけっこう余裕がありますね。
東京電力サイトで毎日更新されています。過去データも見られます。

電力が足りなくなると大規模停電の可能性がでてくると・・。

2019年の台風15号による大規模停電を思い出します。私は体験者のひとり。当時は猛暑が続いていた記憶が大きく、冷房が恋しかった・・。電気のありがたみを感じたものです。

今年3月に初めて経産省から電力ひっ迫の警報が発令されました。それに応じて節電する街の様子がニュースになりましたね。どうなることかと心配しました。

停電は避けたい。でも電気は必要。
この冬がひとつの山場だそうです。今年の夏は大丈夫なんだろうか・・。
節電に心がけます。

さて、今日もがんばろ!

https://www.chibanippo.co.jp/news/local/936265

『千葉市内の保育園で、不適切運営が行われているとして常勤保育士など約15人が一斉退職したとの情報が双方向型調査企画「ちば特(千葉日報特報部)」に寄せられた。共働き世代の増加に伴って需要が高まる一方、職員確保の難しさも指摘される保育現場で何が起こっているのか。 同保育園では、0~5歳児を受け入れるほか、人工呼吸やたん吸引など常時医療的な介護が必要な「医療的ケア児」にも対応している。寄せられた情報によると、「施設では職員の賃上げに充てるべき『処遇改善金』が赤字補てんに流用され、3月末までに職員約15人が一斉退職した」という。』を読んで。

おはようございます。

一斉退職とは・・。

『処遇改善金が赤字補填に流用された』というのが退職理由とのこと。
処遇改善金とは、介護職員の賃金水準を改善するための国の制度で、勤務先経由で賃金に加算され支払われます。
処遇改善金は、賃金以外の支出に流用することはできません。賃金以外に払われる交通費や福利厚生にも流用できません。

施設の赤字の補填に使われたということは、介護施設は不正請求をしたことになります。

不正請求にはペナルティがあり、介護サービス事業者としての指定取り消しや介護報酬の返還となります。
記事によると今も運営してるようなので指定取り消しにはならなかったと思われます。
入園されていた方やそのご家族にとってはとりあえずひと安心というところでしょうか。

この施設、賃金以外に支払われる職能給に処遇改善金を充当、給料総額は変わらないと職員に文書で通知しています。
制度に詳しくない職員は理解できず「しょうがない」と、そのまま受け止めていたかもしれませんね。

介護施設の人は制度を理解してない?
もし、知っててやっているのであれば悪質です。

職員の方も自衛のために制度をきちんと理解しといた方がいいかもしれません。

今回、普段からいろいろと溜まっていた不満が処遇改善の流用というスイッチが押され爆発したものかと。

こういったことは一般の会社でも起こりうること。
いや、起こりうる寸前という会社もあるのでは・・。

労使関係は待遇面だけではなく、さまざまなところでストレスの要因がくすぶっています。
労働者側からすると、経営者がまったく見えてない問題点が見えています。些細な問題と認識してるだろうなと思えるものや人事評価などもストレス要因になります。

とかくコミニュケーションが取りにくいご時世ですが、大切な社員が辞められても困るので・・。
難しい。
先送りすると後悔することになるので経営者の皆さんは今日すぐにでも対策を検討してみてはいかがでしょうか?

さて、今日もがんばろ!

(オンライン非掲載)

『国際エネルギー機関(IEA)は11日公表した報告書で、2022年の1年間に320ギガワット分の発電容量の再生可能エネルギーが導入されるとの予測を示した。21年と比べ8%以上増え、初めて300ギガワットの大台を超える見通しだ。IEA加盟国はエネルギー資源の「脱ロシア化」を進めており、報告書は気候変動対策に加え、安全保障の観点からも再エネ導入の促進を訴えた。』を読んで。

おはようございます。

ロシアのウクライナ侵攻でエネルギーのロシア依存がこんなにまでも影響があるのかと気づいた人も多かったと思います。わたしもその一人です。
ニュースを見ているとウクライナ侵攻は長期化しそうな様子、エネルギーの脱ロシア化の流れは必然です。
日本が輸入しているロシア産原油は全体の6%、液化天然ガスは9%になります(資源エネルギー庁、2017年)。
となりの国なんで輸入もしやすいんでしょう、かなりの割合です。

んー、脱ロシアは時間がかかりそうです。

ちなみに原油の約8割が家庭などの熱源や自動車などの動力源に、約2割がプラスチックなどの化学製品の原料として使われています。
液化天然ガスは、7割近くが火力発電所の燃料に、3割が都市ガスに使われてます。

原油や液化天然ガスは経済の発展、生活の向上に長く役立てられてきましたが、同時に地球温暖化の原因となる温室効果ガスを排出してきました。
地中から採掘する石油などは全体の65%も排出しています。そのほかは山火事や有機物の腐敗・発酵などが原因なのでなかなか防ぎようがないものなんだそうです。
人間が何とかできそうなのは化石燃料の使い方になるわけで、昨今の脱炭素の規制につながっています。

とはいえ、今後ますます電気の使用量は増えていくと思われます。
その一例、5月5日のノート『データセンター誘致活発化 膨大な情報管理、雇用期待 印西で林立、地方分散へ』でデータセンターの必然性と電気使用量の増加について触れました。

難しい問題です。
ですが、結果エネルギー問題が顕在化したわけで、国任せになっていた問題が自分たちでも何とかしないと!という意識が大きくなっていけば!と。

わたしたちもできることから始めましょ。
さて、今日もがんばろ!

『2019年秋の房総半島台風(台風15号)や鳥インフルエンザで被害を受けた県内の鶏卵生産者が、飼料高騰で再び苦境に立たされている。“千葉の卵”のおいしさを発信し落ち込んだ業界を盛り上げようと、生産者有志が全国展開のプロジェクト「たまごニコニコ大作戦」に参加。14日には県外からの来訪客も多い三井アウトレットパーク木更津でイベントを開催し、卵の消費拡大を後押しする。』を読んで。

おはようございます。

たまごニコニコ大作戦とは、「業界の明るい未来は自分たちで創る」をスローガンに、日本全国の鶏卵関係者が自転車リレー形式で、日本を縦断して、タスキをつなぎ全国各地でたまごの素晴らしさを消費者へ直接伝えるプロジェクトのようです。
今年は千葉県が担当、今日木更津でイベントが開催されます。県産鶏卵1パックを配るようですよ。
今朝は大雨。午後からは一転晴れそうなのでよかったですね。

それにしても鶏卵業者は苦難が続いてます。

・2019年の房総半島台風被害
・2020年12月~2021年2月の鶏インフルエンザによる殺処分
・2021年~のコロナ禍による業務用需要減
・2022年はウクライナ情勢による飼料の高騰


傍から見てもここ数年ひどい状況です。

このような困難な状況下にある方まではさすがにいませんが、明らかに状況が悪化傾向、先々困難が待ち受けていると感じている事業者からの相談希望者が主にパートナーから紹介されています。
打ち手が見えない、何をやってもダメというケースも持ち込まれます。

基本的にオンラインではなく対面でお受けしているのですが、たいてい最初のうちは、互いに構えているので相談者は腹の中を見せてくれません。
雑談のような話を続けていると「実は・・」と腹を割ってくださいます。
話を進めていくとそのほとんどが既に何をすべきかの「答え」を持っていることがわかります。
答えを持っているのに行動に移していないわけです。

実は、その答えを具体化させるための計画立案段階で、わからないことが多くて止まっているというものが大半です。

大抵の方が自身の力で解決しようとしています。
創業者やすごくまじめな方がそのような傾向にあるのかもしれませんね。
経営者は万能ではありません。

困難に陥る前、なるべく傷が小さいうちに経験不足を補ってもらえる味方を見つけてください。
たぶんそれが解決への近道かも・・。

たまごニコニコ大作戦の成功を願っています!
今日のイベント、がんばってくださいね。

さて、今日もがんばろ!

(オンライン非掲載)

『尼崎で釣れた魚を、子どもたちに――。兵庫県尼崎市の防波堤「武庫川一文字」に釣り客を運ぶ渡船会社が、釣れすぎて釣り人が持て余したチヌ(クロダイ)やスズキを回収し、子ども食堂で食材として使ってもらう「フィッシュ・シェアリング」を展開中だ。』を読んで。

おはようございます。

2022年3月11日のノートに書いた、釣りすぎた魚を子供食堂にまわせないか、という投げかけを見事に解決、実践してます。

こういうのをフィッシュ・シェアリングって言うんですね。
釣り客を運ぶ渡船会社がハブになって、子供食堂に食材が提供される。釣り客は気持ちよく提供、釣りがいにもなるという。 いい循環です。

さらに魚の提供先を広げ『あらを乾燥させミキサーで粉砕した魚粉を肥料に農家や市民に』『ネコの愛護団体にも餌として提供』と。

こういった活動が広がれば、とは思うんですがそう簡単ではありません。
この取り組み、費用面からすると持ち出しも多いとも思われ、熱意だけではどこかで限界がきます。そこのところを解決しないと、持続「不」可能な取り組みになってしまいます。

この循環にもうひとつ「資金」が加われば、とてもいいエコシステムになります。

・釣り人が海に出て釣りをする
・釣りすぎた
・釣り船屋で魚を引き取れることを知る
・使い道は子供食堂
・釣り客は気持ちよく提供する
・釣り船屋は魚を下処理して子供食堂に提供
・食材の確保に苦労している子供食堂は助かる
・釣り船屋の下処理費用は地元企業が負担
・企業は社会貢献活動を広報する
・広報情報を多くの人が知り企業価値が高まる


この取り組みはSDGsにも通じますね。
SDGsの目標「貧困をなくそう」「すべての人に健康と福祉を」など。

いま、県が進めている「ちばSDGsパートナー」は945団体。さらに増えていくと思われます。

SDGsはとかく自己完結型の取り組みが目立ちますが、何かに携わることもひとつのかたちです。
加えて、持続可能な取り組みが求められています。

尼崎の宮本さんはそもそもそんな意識はないと思いますが、この有意義な活動を広げていくには、SDGsの時流に乗っかってもいいのでは。

ちばSDGsパートナーに登録していて具体的な活動を模索している企業や団体の皆さん、ぜひご検討を!

そう、偶然今日は金曜日。釣り紙面を見ると皆さん大漁のようです。この魚が子供たちに提供できたらいいですね。

さて、今日もがんばろ!

https://www.chibanippo.co.jp/news/local/934659

『サーファーでにぎわう一宮町の海岸通り(九十九里ビーチライン)を若い力で盛り上げようと、立教大とHSUの学生が地域活性化活動に取り組んでいる。通り周辺にあるサーフショップ、飲食店、宿泊施設など21カ所を紹介する情報誌を製作し、店ごとにオリジナルデザインのパネルも作り掲示した。』を読んで。

おはようございます。

楽しそうですね。
『貼り紙1枚で店の見方が変わるのを実感できた。』と。
こういう感覚というか経験は忘れることはありません。将来きっと役立ちます。

弊社は、記事にあるような商店街、同業者団体や経済団体の方ともよくお話をします。
いろいろ話をしていくと近隣店や同業者ってまとまっていそうで、そうでそうでもないというのがわかります。
また、団体側と会員間の距離感はそれぞれでかなり違います。

団体の会員は皆、経営者。やはり個々の事情や経営方針が優先されます。
ただ、皆さんいい方向に行かせたいのは本音、地域が盛り上がった方が嬉しいのも本音。
ただ、大人はいろいろとめんどくさい。

この学生たちがやったように何かを動かそうとするとだいたいが協力をしてくれますが、たいていお付き合いという感じ。
いやいや感を出す人や否定する人もいます。
こういった反応は企画者側からすると少しメンタルがやられます。

盛り上がるかもしれないのになんで・・と。

学生たちも食らったであろうこのいやな感覚、たぶん経験したと思います。
で、少し予想してたものと違うロードマップを描かざるを得なくなる。
そこを乗り切ったんだと思いますね。素晴らしい経験です。

会社でも同じようなことありますね。
組織を横断したプロジェクトを選抜スタッフで動かす場合などがそれに近いかもしれません。

プロジェクトを動かすメンバーはミッションを抱えやる気があり、モチベーションも高い。
一方で周りはそれほど協力的ではない。

自分は選抜メンバーになれず、ライバルや後輩がメンバーになってがんばってる。その姿はあまり気分よく見られないし、失敗しちゃえば、という気持ちもある。
そんな人はなかなか動いてくれません。

プロジェクトメンバーは、上からの指示でやってるのになんで皆んな協力してくれないの?と。
メンタルやられてモチベーションも下がります。

経営陣からは急かされ、社員は言うこと聞かない。メンバーはやる気が失せかかってる。
プロジェクトリーダーは逃げ場がない。

あるあるですね。

一宮で活動した学生はそんな時でもきっと乗り切るんでしょうね。
頼もしい存在。

さて、今日もがんばろ!


(オンライン非掲載)

『新型コロナウイルスの感染経路は当初、2メートル程度しか飛ばない飛沫(ひまつ)(しぶき)による感染と、汚染された物を触った手を介してウイルスが体内に入る接触感染の2通りとされてきた。しかし空気中を長く漂う微小な粒子「エアロゾル」を吸い込む感染も多いことが内外の研究で判明し、対策として換気やマスク着用がより重視されるようになった。エアロゾルによる感染は「空気感染」と呼ばれることもあるが、そう呼ぶべきかどうかについては統一見解がなく、分かりにくい状況だ』を読んで。

おはようございます。

一般人からすると論争することでもないと思いますが、きっと重要なんでしょう。
コロナの感染形態を簡単にまとめてみます。

飛沫感染は、1~2m以内の至近距離から0.005ミリ以上の水分を含んだ飛沫を直接浴びて、気道や目の粘膜からウイルスが侵入して感染するもの。対面での会話などで感染しやすくなります。

接触感染は、飛沫が飛ばないよう咳やくしゃみを押さえた手で電車の吊り革やドアノブを触ることで、そこにウイルスが付着、その後につり革やドアノブを触った第三者の手にウイルスが付着し、その手で目をこすったりすることでウイルスが侵入して感染するもの。

空気感染は、飛沫が空気中を漂っているときに水分が蒸発すると、0.001~0.0001ミリの微粒子となって空気中を長時間浮遊、そのウイルスを吸入して感染するもの。


ここに飛沫感染と空気感染の中間にあたるエアロゾルというものが出てきました。
エアロゾルは、飛沫が飛沫核になる過程、0.005ミリ以下の飛沫で、6mくらい漂うようです。この段階でウイルスに感染するものをエアロゾル感染と呼ぶようですが、明確には定義されてないようです。

WHOはコロナは空気感染を認める資料を公表、空気感染とエアロゾル感染は区別しない姿勢。
厚労省はエアロゾル感染と空気感染は明確に分けていて、コロナは空気感染しないと説明。
世界と日本。ぜんぜん違う考えです。

ま、定義がどうであれ警戒するに越したことありません。

先ごろ東邦大学看護学部感染制御学研究室の小林教授らによる研究論文が、英国科学誌“Journal of Hospital Infection”に掲載されました。

コロナウイルスと特殊なイオン発生素子に関する研究で、コロナウイルスの不活性化(感染能力が奪われた状態)を実証しました。

ちなみに権威のある学術誌への論文の掲載は第三者の専門家による審査を通過したもので、信頼性や妥当性が担保され、世界中の研究者に届けられるものです。
簡単に掲載されることはありません。素晴らしい。

既にこのイオン発生素子を備えた世界初のコロナウイルス不活性化空気清浄機「V-VALIA」が発売されています。日本発とは嬉しいですね。
都内の医療機関や外資系ホテルなどにはいち早く導入されているようです。

言葉の論争は置いといて、空気感染するかもしれないなら最大限の防御策を。
既に承認されたコロナ治療薬は8種もありますし、コロナを殺してしまう空気清浄機もある。

技術の進化ってすごい。
さて、今日もがんばろ!


(オンライン非掲載)

『電気自動車(EV)の車載電池の材料に使うレアメタル(希少金属)のリチウムの価格が、昨年4月から約1年間で5倍超に上昇したことが7日、英調査会社アーガス・メディアの集計で分かった。EV向けの需要が急増しているためで、コバルトやニッケルなど電池に利用する他のレアメタルも高騰している。EVの価格の3~4割は電池のコストが占めるとされる。車両の値上げにつながる公算が大きく、EV普及が遅れる懸念が出ている。』を読んで。

おはようございます。

トヨタが限定販売する電気自動車(EV)が今週12日から発売されますね。
SUVタイプの「bZ4X」
この車はリースのみの販売、月額利用料は申込金77万円、月々8万8220円の支払いになります。
これ補助金を利用した金額です。

原材料が3割値上がり購入費用に転嫁されると単純計算で約11万5000円になってしまいます。
たぶんこの車には転嫁されないとは思いますが・・。

子育て世代にはなかなか手が出せない金額ですね。

ちなみに同じリースサービスを見ると、アルファード特別仕様車は4万8840円、一番売れてるヤリスで2万7500円。
それも補助金の適用なしの金額です。

この原材料の値上がりは世界的なEV需要のためらしいですね。世界中の車メーカーが希少金属を取り合ってる。値も上がります。
ロシアのウクライナ侵攻の影響による物流の停滞も少なからず影響しているようです。

2021年、当時の菅首相が2035年までに新車販売でEV車100%を実現することを表明しました。

2035年にエンジン車に乗るなとは言ってません。
このまま希少金属の値上がりが続くようであれば新車(EV)市場は低迷するでしょうし、エンジン車を売る中古車市場は安く車に乗りたい需要から大盛り上がりするかもしれませんね。

ただ、そこがエンジン車の中古車市場のピークかも。
いずれEV車に入れ替わるのは必然ですからね。

ただ、EVの動力源となる電池は熱に弱く経年劣化してしいます。スマホと同じですね。
動力源が劣化した車はとうぜん売れないので、いまのままではEV車という枠の中古車市場自体存在しないかもしれません。

じゃ新しい電池に交換して売ればいいじゃん。

EV車の電池の交換は単純なものではなく、そもそも低額ではありません。
中古車の電池を交換して売りに出せば価格に大きく転嫁させる必要もあり、高額な中古車が果たして魅力的な車になり得るのかと。

だからなのか、EV先進国の中国では電池の交換を前提としたタイプのEV車と「電池交換ステーション」の推進に舵を切りました。

車を走らせ電池が減ってきたら電池ステーションに寄って電池を交換すればすぐに満タンになる。便利です。
電池ステーションでは、交換された電池は充電しておいて、劣化した電池は破棄、捨てた分は新品を補充すればよくなります。楽ちん。
そもそも家で予備電池に充電して車に積んどけばいい話ですが。
中古車屋では電池の劣化は気にせず車本体だけを売ることができ、消費者は電池の劣化を考えず気に入った車を購入できるようになります。いまの中古車屋が業態を変えず市場で生き残れます
いい事づくめって感じ。

一方、日本は「急速充電ステーション」を推進しています。

どのかたちが正解なのかは5年もすればわかるのではないかと。

ただ、その2択という訳ではありません。
車の充電がワイヤレスになるかもしれないし、車と電池の別売りが基本となり、スタンド式業態は無くなりコンビニで電池を売るとか貸し出すのかもしれない。それに燃料そのもの、電池ではなくなるかもしれませんしね。

どれが優秀なモデルということではなく、「車のあり方」のシェア争い、生き残りの時期に突入しているようにも見えます。

ただ、車の値段が高いとそのものの購入意欲が湧いてきません。
とくに給料が上がらなく、生活物価だけが上がっている日本においては、EV車どころではないのかも。

がんばれ日本の車メーカー。
さて、今日もがんばろ!